脳科学的に認められる食事

脳科学的に認められる食事

普段から何気なく食事をしていると思いますが、食事によって脳の活性化に影響があるということが最近の研究でわかってきました。

平均的な成人の脳は、体全体で消費するエネルギーの20%を消費します。あとで使うために余分な炭水化物を蓄えることができる筋肉とは違い、脳は頼れるバックアップ機能をもっていないのです。

だからこそ、脳は食べている物にダイレクトにかかわってきてしまいます。ではどんな食べ物を食べていれば調べてみました。

しっかりとした食事をして健康を維持したいものですね。

脳トレ英会話公式HPへ
無料体験してみる!

脳にいい食べ物

記憶力を改善させたい、認知機能の低下を防ぎたい、気分を上げたい、頭の中に霧がかかっているような感じをなんとかしたいと中年以降になるとよくなります。

そういう状態を防ぐ食事があるので摂取して健康でいましょう。では紹介します。

ナッツ類

ナッツは、フリーラジカルによる細胞の損傷を防ぐ抗酸化ビタミンであるビタミンEが豊富に含まれている食材です。加齢に伴う精神的な後退を遅らせるという研究結果もあります。

具体的にいうと、ナッツは記憶力を支えているといってもいいかもしれません。

まさに記憶力の低下に困っている人にはおすすめの食材です。

すべてのナッツ類は脳の健康を維持する食品として分類してもいいかもしれませんが、なかでもくるみは脳に有益です。

くるみをいつも食べている人は他のナッツを食べているか、ナッツを食べない人よりも認知テストで高いスコアを出しているそうですよ。

ブロッコリー

緑黄色野菜の王様、ブロッコリーも脳の健康を維持すると言われている食品です。というのも、濃厚なビタミンKが含まれているからです。

90グラムを摂取するだけで、一日に必要な量のビタミンKが摂取できます。

ビタミンKは記憶力に関係があるとされています。

また、脳細胞のなかでも重要な細胞を生成するのに不可欠な栄養素なのですし、ダイエットにも向いている食材です。

大豆などの豆類

豆腐、枝豆、豆乳などの大豆製品には抗酸化物質であるポリフェノールが含まれており、認知症のリスクを低下させ、加齢による認知能力の低下も予防する効果があります。

さらに、味噌、納豆などの発酵大豆食品には、有益な腸内細菌の増殖を促進するプロバイオティクスが含まれています。

以前からの研究でプロバイオティクスは脳機能を高め、ストレスや不安を軽減する力があることがわかっています。

脳トレ英会話公式HPへ
無料体験してみる!
TOPページを見る