記憶術によって記憶力の低下を防ぐ方法

記憶術によって記憶力の低下を防ぐ方法

記憶力の低下は加齢に伴ってほぼ確実に起きる減少です。

記憶力の低下が始まると多くの人がそれまで何年も覚えていた名前や数字、情報などを思い出すのに時間がかかるようになります。

このように、記憶自体は残っていてもそれをスムーズに思い出せなくなることは自然な老化現象だったりします。

しかし、それでいいのかというと良い訳ではありません。

他にも物が思い出しにくくなる原因としては、老化以外に集中力の低下も挙げられます。

記憶したことを思い出すには集中力が必要なので、普段から複数のことを同時に行っている人は物事を忘れやすい傾向にあります。

不安や抑うつも記憶力の低下の原因となります。老化だからとか言って放置していくとそのまま本当に思い出せなくなることもあります。

幸いなことに、記憶力の改善に効果的な方法にはさまざまなものがありますので、しっかりと自分を守るためにもやって記憶力を維持しましょう。

脳トレ英会話公式HPへ
無料体験してみる!

記憶力を高める手段

記憶力を強化する方法には、さまざまな種類があります。今後何かを覚えなければならない場面があったりするかもしれないですし、記憶力を維持したいと思うかもしれません。

その場合の手段をお伝えします。

脳にいい食事をする

記憶術の中でも特に効果的なのが、「メモリーパレス(記憶の宮殿)」という手法です。この手法では記憶したい情報を自宅など馴染みのある場所にある物に関連付けていきます。

そしてその過程で、自宅などの中を歩き回る自分の姿をイメージし、なるべく詳しい情報を記憶できるよう集中します。

このプロセスは、自宅などの中を実際に歩き回り、五感で感じた情報を一つひとつ集中して取り込んでいくことに似ています。

記憶したい情報を自宅などにある具体的な物に関連付けると、脳がその情報をまとめて整理し、必要なときに引き出せるようになります。

睡眠をしっかり取る

睡眠不足は記憶を始めとするさまざまな認知機能に悪影響を与えます。

睡眠が不足していると、記憶が不正確になったり、まったく覚えられなくなったりする原因になることがわかっています。忙しいととれなくなるのはわかりますが、気をつけましょう。

量と質のどちらも最適な睡眠を取ることで、記憶の形成を促し、記憶した情報を思い出しやすくすることができます。

睡眠中は脳が記憶を再構成し記憶同士のつながりを強化すると共に、新しい情報を既存の情報のつながりを作ることで発想力を活性化します。

いい睡眠は必須です。

脳トレ英会話公式HPへ
無料体験してみる!
TOPページを見る